今日を乗り切るExcel研究所

Excel に働かされていませんか

Excel シートを素早く切り替えたい (1/2)

今回は、複数のシート間を素早く移動する操作方法について調べました。 記事が長くなったため、2回に分けて掲載します。

ワークシート探しに時間をかけたくない

Excel のワークシート数が増えてくると、シート間の移動に手間取るようになってイライラします。 シートをバタバタとめくって探しまわしたり、見出しタブのスクロールを凝視してシート名が出てくるのを待っている時間は本当に人生のムダ使いです。

シートを追加するのはとても簡単なので、増やしすぎないよう日頃から注意するのが基本です。

個人的には実用上、1ワークブックあたり数シートが限界かなと思っています。 人によっては1ブック1シートと潔く割り切って使う流儀もあるようです。

とはいえ、共有フォルダなどにあって、みんなで使うような Excel ファイルはそうもいかず、どうしても大量シートになりがちです。

何かの管理や定義をしたりするようなファイルは数十シートになることがザラにあり、 時には100シート超級にまで育ってしまった巨大ブックに出くわすこともあります。

シート間の行ったり来たりで作業効率も下がりますが、シート探しに費やす時間だけでも足し合わせれば馬鹿になりません。

本当は Excel の機能として、目次やシート名検索、移動履歴や「戻る」、ブックマークなどが提供されることを期待したいのですが、 シート操作まわりの使い勝手は、Excel が新しくなっても、なかなか向上されてこなかったところです。

シート関連の操作まとめ

とりあえず現状の Excel で、シート操作に関連した機能にどんなものかがあるのかを洗い出してみました。

  • 次のシートへ移動
    • マウス:右の「」をクリック(右端で見切れているタブのシートに移動)
    • キー:Ctrl+PageDown
  • 前のシートへ移動
    • マウス:左の「」をクリック(左端で見切れているタブのシートに移動)
    • キー:Ctrl+PageUp
  • 最初のシートへ移動
    • マウス:Ctrl+「」クリック
    • キー:(なし)
  • 最後のシートへ移動
    • マウス:Ctrl+「」クリック
    • キー:(なし) f:id:shego:20180626013551p:plain
  • シート名を指定して移動(「シートの選択」ダイアログ)
    • マウス:「」か「」を右クリック
    • キー:(なし)
  • シート名を検索して移動
    • (なし)
  • シート番号を指定して移動
    • (なし)
  • シート履歴を指定して移動
    • (なし)
  • 以前のシートへ戻る
    • (なし)
  • シートへのリンク(「ハイパーリンクの挿入」ダイアログ)
    • マウス: セルを右クリック ⇒ 「ハイパーリンク」
    • キー: Ctrl + K
  • シートのブックマーク
    • (なし)
  • シート名を編集する
    • マウス:シート見出しタブをダブルクリック (または右クリック>「名前の変更」)
    • キー:AltHOR
  • シートを追加する
    • マウス:タブスクロールの「」(新しいシート)をクリック
    • キー:AltHIS (※あるいは AltIW)
  • シートを移動させる
    • マウス:シート見出しタブをドラック f:id:shego:20180626013249p:plain
    • キー: (「シートの移動またはコピー」ダイアログ) 1 AltHOM (※あるいは AltEM)
      2 で移動先選択 ⇒Enter
      (リストで選択したシートの前に割り込む)
  • シートを複製する
    • マウス:Ctrl + シート見出しタブをドラック f:id:shego:20180626014645p:plain
    • キー: (「シートの移動またはコピー」ダイアログ)
      1 AltHOM (※あるいは AltEM)
      2 で移動先選択⇒TabSpaceEnter
      (リストで選択したシートの前に割り込む)
  • シートを削除する
    • マウス:シート見出しタブを右クリック>「削除」
    • キー:AltHDS (※ あるはAltEL)
  • シート名でソートする
    • (なし)

「※」をつけたアクセスキーは Excel がリボン UI になる前(Excel 2003まで)のメニューバーのもので(当時はキーボードアクセラレータと呼んでいた)、一部今でも使えるものです。こちらの方がタイプ数が少ないぶん楽ですが、将来のバージョンの Excel では使えなくなるかもしれません。

こんなところでしょうか。手元の Excel 2013 で調べましたが、 Excel 2016 でも変わらないはずです。ほかにもあったら教えてください。

Office 365 版では近々 UI の刷新があるようで、このあたりの操作が改善されるかもしれません。

よく使うのは Ctrl+PageDownCtrl+PageUp ぐらいでしょうか。シートを次々とめくって探すのに重宝しますが、ノートパソコンだと Fn も必要なのが指のつらいところです。

ほかの操作も覚えられれば便利かもしれませんが、どれも使い勝手がいまいちです。 それでも大量シートでのシート間移動にはほとんど役に立ちそうもありません。

大量シートでのシート探しの負担をちょっとなんとか軽減できないか、Excel の既存機能を使った以下の方法を検証してみました。

  • 「新しいウィンドウを開く」で「戻る」と「履歴」
  • 「シートの選択」で「目次」と「検索」
  • 「名前の定義」で「ブックマーク」 (次回記事)

「新しいウィンドウを開く」で「戻る」と「履歴」

大量にシートがあっても、たかだか2・3シート程度の決まりきったシートを行ったり来たりするだけなら、 それぞれを別ウィンドウに開くことで、ウィンドウごと切り替えるのが早いかもしれません。

「新しいウィンドウを開く」でシートごとにウィンドウを開けば、Windows 機能の Ctrl+TabAlt+Tab ショートカットを使ってシートを素早くパタパタと切り替えれられます。

【手順例】

  1. 「新しいウィンドウで開く」を実行します
    • 「表示」タブ→「ウィンドウ」セクション→「新しいウィンドウで開く」コマンド
    • アクセスキー: AltWN
  2. 1個のワークブックが複数のウィンドウで開いている状態になります
    • Excel タイトルのブック名に ":1" や ":2" といった連番が追加表示されています
  3. 追加されたウィンドウで目的のシートを開いておきます
  4. 必要なシート分、上記操作を繰り返します

Ctrl+Tab を押せば、シートをウィンドウごと、順繰りに切り替えることができます。 逆順に回したければ Ctrl+Shfit+Tab を使います。

また、Alt+Tab を使えば、直前に開いていたシート(のウィンドウ)に、「戻る」ことができます。 (ただしこちらは Excel だけでなく、すべてのアプリのウィンドウが対象となります) Alt+Tab を連続してたたけば、ウィンドウの「履歴」をたどることになります。

不要になったウィンドウは Ctrl+W で減らせます。

2・3シートならこれで効率的ですが、それ以上になるとウィンドウの位置関係が把握できなくなり、目が回るばかりで効率が下がります。

それでも、Windows のタスクバーからシートをダイレクトに選ぶという使い方もできるようになるメリットがあります。

  


  

「シートの選択」で「目次」と「検索」

見出しタブではなく、シート名の目次や検索によるアクセスはできないのでしょうか。

一応それらしい機能はあります。

「シートの選択」というダイアログがそれです。

f:id:shego:20180626010104p:plain

ダイアログの「シート」リストにシート名が一覧表示され、シート名の選択「OK」かダブルクリックで、そのワークシートに移動できます。

「シート」リストの表示サイズは、一度に20件までの固定で、それ以上の大量シートではスクロールして探します。 シート名は目次のようにシート順になっているので、大体の位置関係からどのあたりにあるか見当がつけられます。

シート名検索はありませんが、代わりに「シート」リストでキータイプすることで、前方一致によりシート名を選択することができます。 ただしそれは、シート名が英数字で始まるものに限られ、日本語シート名では残念ながら無効です。

さて、「シートの選択」を表示する方法ですが、左下隅にあるタブスクロール用の三角ボタン()を右クリックします。

f:id:shego:20180626010009p:plain

これだけしかありません。

なぜかダイアログを出すコマンドもショートカットも存在しません。

つまりキーボードのみではアクセスできないのです。

キーボード操作派の人は、マウスに手を伸ばす仕様にモヤっとするかもしれません。 それでもシート見出しタブをスクロールするよりははるかにマシでしょう。

一方、普段ノートパソコンを使っていてタッチパッドの達人なら、これで流れるようにシートを切り替えられるのかもしれません。

「シートの選択」は。本来もっと頼られるべき機能であるにもかかわらず、隠しコマンドのような扱い、おざなりな UI デザイン、後付けっぽい案内表示、ほかのダイアログまで表示位置を変えてしまう不具合が放置されているなど、Excel の中でも不遇な機能といえます。いつか改善されてほしいものです。

「名前の定義」で「ブックマーク」

次の記事へ続きます。

www.shegolab.jp