シーゴの Excel 研究室

タイトル変更しました (旧称:今日を乗り切るExcel研究所)

Excelワークシートをシート名でソートするマクロ

今回は、ワークシートをシート名で並べ替える VBA マクロを作成しました。

エクセルさん、残念です・・・

前回の記事で、Excel の新機能である「ナビゲーション」について紹介しました。

www.shegolab.jp

ナビゲーションは Excel シートの操作性を各段に向上させるうれしい機能ですが、一点、物足りなかったことがあります。

それはシートの並べ替えをする機能がなかったことです。

ナビゲーション ペインでシートをソートしたり、ドラッグで移動できたりしたらもっと便利だったと思うのは筆者だけでしょうか。

ただそれが ”ナビゲーション” でやるべき機能なのか、といえば、確かに微妙なところです。

ないものねだりをしても仕方ないので、本記事ではワークシートをシート名で昇順ソートする機能をマクロで自作してみようと思います。

続きを読む

【Excel】ナビゲーションを使い倒す【新機能】

今回は Excel 新機能であるナビゲーションを使ったシート操作について紹介します。

エクセルさん、ありがとう!

Excel シートは扱いづらいものです。

本ブログでは以前から、Excel シートの操作性について、切り替えが素早くできないとかシート管理機能がないとかいった、使い勝手の不満を以下のような記事のネタにしてきました。

この度、なんと、最新の Excel に「ナビゲーション」という機能が追加されているのに気が付きました。

ナビゲーションはウィンドウ右側にシート名をリスト化したペインを表示するものです。

【Note】マイクロソフトの日本語の公式資料では、「Navigation pane」の「 Pane(ペイン)」を 「ウィンドウ」と言い換え、「ナビゲーション ウインドウ」と呼んでいます。本記事では本来の「ナビゲーション ペイン」と表記させていただきます。

これはワークシートへのアクセス性を格段に改善する、素晴らしい機能だと思うのですが、ネットではほとんど話題にならず、公式ドキュメントも素っ気ない感じです。

そこで本記事では、その紹介も兼ねて、ナビゲーションでワークシートの操作性がどう向上するのか、とことん検証してみたいと思います。

続きを読む

タテとヨコに集計したい

今回は、既存の表から飛び飛びのセルをタテヨコに集計する方法を調べます。

縦横集計

飛び飛びの位置にあるセルを選んで集計してみたいことがあります。

例えば、何かのデータの集計表があって、そこからさらに別の軸で集計したい時、つまり行方向と列方向で共通の項目の交差する「格子の目」にあたるセルを拾って合計値を見たいときなどです。

このような集計方法を何と呼ぶのかよく分からなかったのですが、この記事では仮に「縦横集計」と呼ぶことにします。

やりたいことは結局クロス集計なので、ピボットテーブルだったり、テーブル形式の元データがあれば集計し直すだけです。

ただそうもいかない表形式の場合もありますし、ちょっと値を確認したいだけの時にはデータをいじらずにお手軽に集計できたいです。

本記事では、Excel の基本機能を使って、お手軽に縦横集計を確認する方法がないか探っていきます。

続きを読む

CSV の任意の列のフィールドをダブルクォーテーションで囲むバッチ

今回は、CSVファイルに列指定でフィールドクオートするバッチを作成しました。

クォートする列を選びたい

だいぶ前の記事で、CSV の ダブルクォーテーション の囲みを付け直す方法について紹介しました。

その中で「全てのフィールド」をクォートする(タイプ4の)バッチを紹介しましたが、機会があれば「値の種類(文字列、日付)」によってクオートするバッチ(タイプ3)も作成したいと思っていました。

最近 PowerShell で CSV を扱うことがあって「フィールドの列を指定」してクォートするスクリプトを作成しましたので、これが代わりに使えそうです。

本記事ではそれを CSV のドラッグ&ドロップでも使えるよう、バッチにしておこうと思います。

ただし、処理が重いので大きなCSVファイルでは注意してください。

続きを読む

【Excel LAMBDA】組み合わせ編【ユーザ定義関数】

組み合わせ編

LAMBDA 関数を使った数式によるユーザー定義関数(カスタム関数)として、実用的かつコピペで使えるサンプルコードをまとめていきたいと思います。

使い方は以下の記事を参照してください。

www.shegolab.jp

本記事ではデータの組み合わせに関連する各種の関数を集めてみました。

続きを読む